オフィシャルブログ

ダメ面接官は明確な評価ポイントがない人を不合格にする

面接とは、成果の見えにくい仕事である

大器晩成という言葉もあるように、採用した人材が入社後1~2年は期待した成果を出せなかったとしても、それだけで採用ミスとはいえないでしょう。

一方、不合格とした候補者に関してはさらにわかりません。

もし、能力ある候補者を不合格としたとしても、それによる自社の成長機会の損失を確認することはほぼないからです。