オフィシャルブログ

ダメ面接官は候補者に一貫性を求めすぎる

たいていの面接官は「一貫性」を重視する

「1万時間の法則」ある程度の長い期間、一つのことに打ち込んだ経験は重要です。

しかし、あまりにその点を重視し、一貫性がなければ機械的に不採用とするようなやり方には大きな落とし穴があると思います。