オフィシャルブログ

ダメ面接官は自分と似たタイプを評価する

人間は、「自分と似ている人に好奇心を抱く」先入観を持っています

会社は「あなたと同じタイプの人材がほしい」とは言っていない

金太郎あめ的採用を重視していた時代ならいざ知らず、組織に多様な人材が存在することが大切です。