オフィシャルブログ

まずは、面接官が候補者の「人物仮説」を作る

相手に頼ることなく、「曖昧な状況」に耐え、拙速に答えを探そうとせずに質問を続け、自分の手で「人物仮説」を作らなければなりません。