オフィシャルブログ

「採用最適」ではなく「採用“担当者”最適」になっていないか

自社の採用にとって何が一番良いかではなく、自分がいかにラクになるかで採用方法を検討しているのです。