オフィシャルブログ

ダメ面接官が「わかる」の意味を取り違えていないか?

人は人と出会ったとき、短時間のうちに必ず何らかの印象を持ちます。

それこそ5分もあれば、「この人はこういう人なのかな」という具合に何かしらのイメージが浮かぶでしょう。

しかし、それはあくまでも自分だけの「仮説」であり、「真実」ではないのかもしれません。

面接は、このすぐできあがる「仮説」を候補者からさまざまなエピソードや意見、主張などを聞いて検証する作業であることを、多くの面接官がわかっていないのです。