オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2018年9月

みんなのためのみんなの社会

①  尊敬される人間になる(情熱)これが大事だが一番難しい。

②  アメを使う。給料を上げるでも、食事をおごるでもいい。金を使う。

③  ムチを使う。叱る、減給。

こうして部下を引っ張って行くのだが、責任はすべて社長にあると心得る。

約束は必ず守る

1分1秒であっても時間を厳守する。

ミスはない

ダブルチェックの考え方で仕事をするから「1回で完結しなくても良い。失敗しても良い」という心の甘えが生まれる。この一瞬に全てをかけ、命がけで仕事をするからこそミスは発生しないし、一回で完了させるからお客様が感動するスピードで仕事の成果を得られる。

仕事に取り掛かる時にゴールを明確にすることこそ、最も大切なのである。

検討するは「逃げること」

検討するという言葉は恥ずかしい言葉だと心得る。

記憶・記録

記憶と記録の蓄積が自分の価値基準を作る。 「一生懸命」とは一つの所に命を懸けることだ。

検討するは「逃げること」 検討するという言葉は恥ずかしい言葉だと心得る。

ブラックはどっちだ

就職の志望理由が「会社の安定性、成長性、給料」って、どれだけ楽をしてぶら下がるつもりなんだ。

スコアリングモデルではなく、人として

氏名、会社名、住所、電話番号などの基本情報以外に、会った時の印象やお客様一人ひとりの特徴を記録している。声のトーンや来ていた服装、好みなどのデータではなく、一人ひとりのお客様として記録している。これがあるから人と人としての良好なコミュニケーションが取れている。

身だしなみ

きちんとしているか否かの最初の判断基準は「見た目」に表れる。

きちんとした人物像を明らかにする。

「良い人が来ない」では分からない。中小企業の最大の財産は「人」である。

同じ空気を吸う

地域性を肌感覚で掴むには同じ空気を吸うことは必須である。